上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-09 [ Wed ]
長野翼

秋元優里が夏休み?のため、本日登場した三姉妹は椿原慶子のみ。しかし、椿原のリポートは関東ローカル枠のみで、大島由香里の代打登板もなくかなりの不作でした。
椿原慶子

椿原慶子

鳩山由紀夫氏が昼食を食べに行ったという、銀座の中華料理店からのリポートでした。

それにしても、右上の「親中派」という文言、実に注意しなければならないものなんですよね…親中派というのは、文字どおりに解釈すれば中国との関係を緊密に、ということですが、大きな存在意義を持つようになった一方で多くの問題を抱えた中国にとって、パートナーの要件は「自国のメンツを守ってくれる=自国の頭の痛い問題に目をつぶってくれる」こと。そのような中国の要望に応えて関係強化を図るということは、チベットや新疆での弾圧、日本の消費者を奔走させた毒ギョーザ問題、相変わらず野放図に垂れ流す有毒物質や排気ガスといった「中国発」の国際問題に多かれ少なかれ目をつぶるということであって、裏を返せば「媚中」や「屈中」といわれてもいたしかたないものです。それでいて、環境問題に関して、「日本の炭酸ガス排出量を25%削減」と鳩山氏は仰っている。中国の炭酸ガス排出は重厚長大産業に至るまで許容するが、日本の炭酸ガス排出は一般の国民生活に至るまで徹底的に削減せよ、というのです。まったく国民の生活を顧みてなどいない、「国民の生活が第一」とは偽装も甚だしいというべきです。

中川真理子

その「偽装されたマニフェスト」の前に、政治の一線を退くことを余儀なくされた憂国者のひとりが、中川昭一氏。その昭一氏の娘であるリポーター・中川真理子は、これからの日本、そして世界の方向性をどう考えているのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

親中派というのは、裏を返せば「媚中派」や「屈中派」ということ>
私は必ずしも「親中派」=「媚中派」「屈中派」だとは思っていませんが、今の日本の親中派は
明らかに「親中」=「媚中」「屈中」と勘違いしまっていますよね。だからこそ、右派・保守派
からも叩かれるということに気付かないのかと思います。
中国と親密さを保ちながらも、彼らにとって耳の痛い不都合なことについてはハッキリ発言し、
彼らが道理の通らないことを言ったり、暴走したときはしっかりと諫める。これができる人物が
真の「親中派」ですが、今の日本にそういった「真の親中派」と呼べる人材はほとんどいません
ね。。。

今回の中川昭一氏の敗退は、やはり民主党の嘘っぱちマニフェストに踊らされた国民がいた事も
大きいと思いますが、中央政界で重職に就き、忙しくなったからといえ、基本の地元回りが多少
おろそかになっていたなど、中川氏自身にも非がなかったとは言えない部分もあると思います。
有権者のワガママとはいっても、やはり選挙は人の心ですから、ちょっと挨拶回りに来なかった
だけで票に響きますからね~^^;
次回の選挙はいつになるかは解りません(あれだけ小沢チルドレンが通ってしまった以上、小泉
チルドレンを使って再議決をし、任期満了まで国会を維持した自民党の手法を小沢氏や民主党の
首脳部もとろうとするでしょうから)が、次の選挙までには地を固め、返り咲いてくれることを
願ってやみません。
中川氏は基本的な政治姿勢(愛国的な)だけでなく、様々な政策に関する勉強量・知識量も大変
豊富な政治家ですから、日本にとって欠かすことのできない政治家ですし…。私も意を決して、
中川事務所に応援のメールかお手紙でもしたためようかと思っております。

なるほど、SN全国枠が不作だったのはこれが原因だったのですね。。。お椿だけでも良いから、
出して欲しかった…。

こんばんは

コメントありがとうございます。

私自身も、親中と媚中・屈中が「完全に同義」とまでは考えておらず、親中と媚中・屈中の違いは「硬軟使い分け、賢く利用する」タイプが(賢明な)親中であり、「ホイホイと口車に乗せられたり、圧力にビビる」タイプが媚中・屈中であると考えています。日本の親中が「媚中・屈中」と一体化していく理由は、圧倒的な軍事力を保有する中国から敵意を持たれるリスクを少しでも減らそうと、中国自身が抱える問題を腫れ物のように扱う「事なかれ主義」にあると、私は考えております。

耳の痛いことも物申すのがあるべき親中派、これは中国に限らず、すべての外交関係にいえることです。特に中国には「耳の痛い話」は山ほど(政治的な弾圧・領土・知財・環境など)あるので、賢く利用すれば日本優位に外交を展開することもできます。

中川昭一氏の敗因についてですが、もっとも、民主党の「偽装されたマニフェスト」ばかりが敗因ではないでしょう。今回の敗退は、「緊急事態」で臨んだローマでの記者会見、その有様を連日報じたワイドショー、そして地元の支持者とのコンタクトの機会を十分につくれなかった…これらが積み重なった結果の敗退です。しかし、それでもなお、一定数の有権者が中川氏を支持している以上、捲土重来のチャンスは十分にあるものと期待しています。

今回これだけの数を確保した以上、鳩山氏は任期いっぱい解散をしないでしょうが、自民政権が退場した直後の細川政権の前例を考慮すると、政策課題・社民党の存在など不安定要因を多く抱えた民主党の政権運営次第では、早い衆議院解散もあり得るのではないでしょうか。この間に、自民党には「大衆政党」的な顔をかなぐり捨てて、健全な2大政党制実現のため、「日本国家・国民をまもる」保守・愛国政党の基本理念に立ち返っていただきたい。その過程で政界再編があれば、なお面白い展開になります。そのときには、中川氏が政界に復帰してくれることを強く望みます。

最後に、スーパーニュースについてですが、椿原慶子・中川真理子記者ともに、本日の出演は関東ローカル枠のみで、全国枠ではアナウンサーの出番そのものがまったくありませんでした。政治の動きと並んで、18:12~16に放送された北朝鮮関連のニュースを優先したのでしょう。明日は椿原慶子・小穴浩司の担当曜日なので、リポートのあるニュースでは小穴をフル稼働させるものとみられます。ゆかりんの代打登板にはあす以降も期待しない方がいいでしょう…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://minami25603.blog115.fc2.com/tb.php/122-79d42124

中川真理子 フジテレビ

この中でひとりだけ、あなたの言うことを何でもひとつだけ聞いてくれるとしたら、.... この中でひとりだけ、あなたの言うことを何でもひとつだけ聞いてくれるとしたら、あなたなら誰を選びますか?そして何を願いますか?田中美保花木衣世福田麻衣 鈴木えみ中谷美紀山口

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カウンター

プロフィール

布施 小路

Author:布施 小路
FC2ブログへようこそ!

クラシック・アナログ時計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。