上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-12 [ Sat ]
既報のとおり、昨日14:40頃、東北地方太平洋沖のごく浅い場所を震源とする地震が発生し、東北6県全域を含む東日本広域に甚大な被害が出ております。東北地方では津波が沿岸部の街に押し寄せ、集落ごと呑みこまれてしまった地域もあり、2~300人近い方が亡くなられたという情報が入っております。

東京都内に勤務する私も、仕事中にこの地震にあいました。揺れを感じて階下へ避難→事務所へ戻る→階下へ避難→…の繰り返しで、それからの仕事はまったく仕事にならず。JRもまったく回復せず帰宅不可能に。19:00過ぎに会社に待機せよとの指示が出たため、その後は当面会社で待機。
「今日はこのまま会社で寝泊まりか…」
と、当日中には帰れないことを覚悟しつつも、地下鉄の復旧状況を何度も確認しながら、「いつでも帰れるように」準備していました。そして0:30頃、自宅のある方面へJRを経由せずに行けるルートが開通したことを確認し、混乱を避けるため30分ほど待ってから、
「とにかく早期に生きて帰ろう。」
ということで、安全な帰還を優先してそこで帰宅。自宅到着は夜明け近い本日4:30となりました。

この1日を通じて思ったのは、「交通のバックアップがとられていることがいかに重要か」ということです。JR・メトロ・都営地下鉄ともに長時間ストップしており、その間私は都心からまったく脱出することができませんでしたが、会社の下の中国料理店が平常通り営業していて、そこで時間を過ごしているうちに地下鉄が復旧して終夜運転が決定、さらに私鉄各線も終夜運転で運行再開したことで、何とか自宅への出口ができたのです。
このような形で、私は地下鉄&私鉄各社という代替ルートを利用することができましたが、これがJRしかないところであったとしたらどうなるか。JRがダウンしたら、バックアップがまったくきかず、私を含む何万という人が被災地を脱出できなかったことになります。さらにそこに津波が押し寄せたら…と考えると、同じ区間に複数の路線が走っているというのはリスク分散に大変役立っているということがわかります。JR宝塚線での脱線事故以来、同じ区間に複数路線が競合する状況に対して否定的な意見が一部に見られますが、このような事例から、「競合路線は一種の保険である。」という見方もできるものだということがわかりました。
スポンサーサイト

コメント

布施小路さん、ご無沙汰しております。
まるーんちゃっとでご一緒させていただいていたせみきゅーです。
私がかなり多忙になってチャットに参加できない状況が続き、その間に
チャットは閉鎖という状況で…本当にすみません。

ブログ、拝読しました。ご無事だったようで、何よりです。。。
メトロや私鉄各社は終夜運転を行うとのことで、おぉ!と思ったのです
が、JRはどうして終夜運転ができなかったんだろう…と、その点だけは
疑問です。
それだけ被害や混乱が大きかったのか、あるいは帰宅困難な人への
緊急開放用に駅を確保するために、運転を再開しなかったのか…。

JRの駅には、たまたま上京していた私の友人も緊急開放でお世話に
なったので感謝はしているのですが…。

お久しぶりです。

コメントありがとうございます。大変お久しぶりです。

普段JRで通勤していますが、地下鉄が使えるところであったというのが何より幸運でした。

本日、警察より、東北地方中心に、亡くなった方は6000人を超えるとの発表がありました。被害の少ない地域で、とりあえず生存できたことに感謝するとともに、復興の先頭に立たなければならないと思いました。

また、約1日に1回程度、小規模な地震が東日本太平洋側の各地で発生していますので、今後とも油断はできませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://minami25603.blog115.fc2.com/tb.php/256-e153c1d2

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カウンター

プロフィール

布施 小路

Author:布施 小路
FC2ブログへようこそ!

クラシック・アナログ時計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。