上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-12 [ Sat ]
既報のとおり、昨日14:40頃、東北地方太平洋沖のごく浅い場所を震源とする地震が発生し、東北6県全域を含む東日本広域に甚大な被害が出ております。東北地方では津波が沿岸部の街に押し寄せ、集落ごと呑みこまれてしまった地域もあり、2~300人近い方が亡くなられたという情報が入っております。

東京都内に勤務する私も、仕事中にこの地震にあいました。揺れを感じて階下へ避難→事務所へ戻る→階下へ避難→…の繰り返しで、それからの仕事はまったく仕事にならず。JRもまったく回復せず帰宅不可能に。19:00過ぎに会社に待機せよとの指示が出たため、その後は当面会社で待機。
「今日はこのまま会社で寝泊まりか…」
と、当日中には帰れないことを覚悟しつつも、地下鉄の復旧状況を何度も確認しながら、「いつでも帰れるように」準備していました。そして0:30頃、自宅のある方面へJRを経由せずに行けるルートが開通したことを確認し、混乱を避けるため30分ほど待ってから、
「とにかく早期に生きて帰ろう。」
ということで、安全な帰還を優先してそこで帰宅。自宅到着は夜明け近い本日4:30となりました。

この1日を通じて思ったのは、「交通のバックアップがとられていることがいかに重要か」ということです。JR・メトロ・都営地下鉄ともに長時間ストップしており、その間私は都心からまったく脱出することができませんでしたが、会社の下の中国料理店が平常通り営業していて、そこで時間を過ごしているうちに地下鉄が復旧して終夜運転が決定、さらに私鉄各線も終夜運転で運行再開したことで、何とか自宅への出口ができたのです。
このような形で、私は地下鉄&私鉄各社という代替ルートを利用することができましたが、これがJRしかないところであったとしたらどうなるか。JRがダウンしたら、バックアップがまったくきかず、私を含む何万という人が被災地を脱出できなかったことになります。さらにそこに津波が押し寄せたら…と考えると、同じ区間に複数の路線が走っているというのはリスク分散に大変役立っているということがわかります。JR宝塚線での脱線事故以来、同じ区間に複数路線が競合する状況に対して否定的な意見が一部に見られますが、このような事例から、「競合路線は一種の保険である。」という見方もできるものだということがわかりました。
2011-03-08 [ Tue ]
7日朝、TV朝日系列のワイドショー番組で、「BeeTV」というドコモ動画のコンテンツ配信サイトのCMが流れました。そのCMというのは、黒人青年が炎天下で何らかの作業を行っている(?)、その背景で、ELTの持田香織が「サル・ゴリラチンパンジー♪」と「ボギー大佐」(小学校の鼓笛隊のあの曲です)の替え歌を歌っているというものです。

これを見て思ったのは、「やはりD社か。」ということです。基本的にTVCMは、新橋の某D社がその広告枠を保有しており、朝鮮半島とその精神構造を同じくし、半島の利害に基づいて行動するD社は、莫大な広告費を利用して、(少なくとも東京周辺の全キー局においては)自社の思惑通りの、すなわち半島の利益にかなう報道を民放各局に行わせている…ということは、各所で取り上げられていることなので詳述しません。では、その「半島の精神構造」とはどのようなものかというと、
1. 上には媚び、下には諂う。(事大主義+小中華思想。)
2. 自分より下の者には徹底的に高圧的で、侮辱したり罵ったりすることにためらいがない。(韓国語は世界一罵倒語のバリエーションが豊富で、韓国社会の人種差別は国連から指導を受けるほど。)
3. 嘘や証拠不十分な話でも、100万回唱え続ければ本当のことになってしまう。(特に、日韓の外交問題に関連する事柄でよくみられるものです。)
4. 組織対組織の関係においては、身内の上下関係を優先し、自分の組織の外にいる人間は「下の者」とみなす。
5. 下の者は「道具」であり、こき使うことが当然のこととされる。(例:ペクチョン奴隷)
半島的な精神構造・社会規範の特徴は、挙げるとキリがありませんが、大体以上のようなものになります。総じていえば、「自分勝手でセコい」が美化される社会だというわけです。大体からして、権力者がそうなのですから(体制が変わったときには、ほぼ確実に前の指導者やその周辺の有力者が「国策逮捕」されます)。
ここで重要なのは、1.2.の思想から発せられる強烈な人種差別意識。特に日本人と黒人は「ケセッキ」(犬の子=人でなし)などと呼ばれ、韓国の人種認識のなかでは「底辺」に位置するとされています。ソフトバンクのCMで、白い犬にされた人物の子供が日本人と黒人なのはなぜかといえば、このような「日本人と黒人は人でなし!」という思想があるから…というのは、これも各所で指摘されていることですので、あまり深く取り上げないこととしますが、このBeeTVの「黒人の背景でサル・ゴリラチンパンジー♪」も、同じことであると思われます。そもそもこのような罵り方というのは、博愛主義を掲げ、100年前から人種差別撤廃に向けて行動を起こしてきた日本人のメンタリティとは相容れないものであるはずです。

良識ある日本人の皆さま、放送局などへぜひ抗議の電話やFAXを送って頂けると幸いです。私は幸か不幸か、TVCMとは関係ない部署とはいえD社に出入りする機会が多いので、D社と接点のある方を中心に、この「人種差別?CM」を制作したD社の実態を広めて参りたいと思う所存です。
2011-03-05 [ Sat ]
社会人デビューして最初の春が目前に迫ってきていますが、いまとても困っていることがあります。それは…「好きな人ができない」ということ。

誰かを好きでいるということは、実は非常に健全な精神の維持に有効なのです。というのも、誰か好きな人がいるということは、「その人に気に入ってもらうためにはどうすればいいか?」と考え、行動を起こす強力な動機づけとなりますし、たとえ意中の人からいい返事をもらえなかったとしても、その取り組みの結果は、自ら考え行動して学んだ教訓、すなわち自分自身の成長となって戻ってくるからです。

…なんて小難しいことを書きましたが、つまるところ、「こうしたら喜んでもらえるんじゃないか…なんて考えると、心がときめく。そこから得た学びによって、自分が成長できる。それが楽しいからこそ、いつでも誰かを好きでいたい。」というわけです。特に私は、放っておくとどんどん自分勝手になっていきますので、やっぱり誰かを好きでいた方が健全でいられるのです。そのような意味でも、男女が愛し合う自然な感情を抑えつけようとするどこかの人々の思想って、やっぱり健全じゃないよね…(しかも、そういう輩に限って「青少年健全育成…」とか言い出す始末)なんて思っていたりするのですが。

とりあえず、「心ときめく」環境がほしいです!
2011-01-23 [ Sun ]
今年の宮城県議会に、以下の趣旨の条例案が提出される予定との報道がありました。

(1)児童ポルノの個人による単独所有を禁止し、これを取り締まる。
(2)性犯罪歴のある人物に、県内でGPSの取り付けを義務付ける。

条例案自体も、その政治的背景も真っ黒黒で、ツッコミどころ満載なのですが、まずここでは条例案そのものについて検討し、推進団体や政治的な背景については後述します。

(1)については、以下の点について必要性に疑問を抱かざるをえません。
A. 特定の人物を狙い撃ちして逮捕・検挙できるため、特定の団体が政治的に対立する人物を抹殺する目的で利用される危険がきわめて大きい。
B. 目的は「子供を性的な商売の道具にするコンテンツを消し去って、性暴力(わいせつ犯罪)をなくし、風紀を守ろう。」ということらしいが、実際に所有の禁止をしている国・地域で、目的通りに性暴力の抑制につながったという事例は寡聞にして聞かないし、それどころか強姦・わいせつ系の犯罪の検挙件数は所有を禁じてから増えている(人口10万人あたり、韓国=日本の5倍、スウェーデン=日本の25倍)。
風紀を守るどころか、どこの馬の骨とも知れない団体に狙われて、一般の国民にとっては大迷惑な話です。

(2)については、制度としては一般に「メーガン法」と呼ばれるものに近いと思われますが、以下の点について、必要性に疑問を抱かざるをえません。
A. 県境での検問が必要であり、県境を通過する際にいちいち本人確認をする必要がでてくる。
B. 個人のプライバシーを否定するものであり、今日の社会通念にそぐわない。
C. 「メーガン法」を実施したところで、性暴力が減るわけではない(やはり韓国・米国にて実証済み)。
D. 検問手続きは人員もお金もかかる。
E. 検問した際に、やはり特定団体が敵対者を追跡する手段として利用するおそれがある。
F. 日本国内にもかかわらず、宮城県との県境に限り検問が必要となるため、宮城県が日本のその他46都道府県から分断されたような格好となる。また、検問手続きを簡易迅速に進めるには、パスポートに近いものが必要となる。そのため、「宮城県への入県にはパスポートが必要…」というような事態が発生しかねず、この制度が遠巻きに宮城県の日本からの分離独立を示唆しているように思われてならない。
県財政を圧迫するばかりか、単に宮城県内を通過するだけでもこんな面倒な手続きを踏まなければならないのだとすれば、一般の国民にとっては損することばかりです。

最後に、政治的な背景について私なりの解釈をしてみたいと思います。
この2条例案のうち、(1)の提出が検討に上がったのは、東京都青少年健全育成条例(例の「非実在青年」→「非実在犯罪」のアレ)が成立した数日後のこと。「非実在●●」の方は、統一教会や婦人矯風会(エクパットやVAWW-NETを下部組織に持ち、日本ユニセフと行動を共にする、従軍慰安婦あった系の団体)が推進勢力で、今回の宮城県条例案にも、日本ユニセフ、そしてその評議員を務める村井知事を経由して、上記2団体が1枚かんでいますので、「流れに乗って」次の行動に移ったものと考えられます。では、なぜ宮城県議会を利用したかというと、当時の国家公安委員長が地元選出の岡崎トミ子参議院議員だったから。岡崎議員は、従軍慰安婦あった系の歴史認識を持ち、ソウルにて反日デモに参加し、朝鮮総連とも親密な関係を持っているので、朝鮮総連や従軍慰安婦関連団体の背後に「国家公安委員長」という大きな政治力がそびえていたことが背景にあるとみられます。

ところが、総連は一つだけ読みを誤りました。頼みの岡崎公安委員長が内閣改造で解任され、職権上公安委員長のさらに上位に位置する内閣官房長官に枝野幸男代議士が就任したからです。ポルノの所有禁止に否定的な枝野議員が政権内で実権を握る立場になったことは、大臣の政治力を頼りに宮城県で勢力拡大を目指した総連にとっては痛手でした。焦った総連&慰安婦関係団体は、メーガン法を持ち出して宮城県に全体主義の流れを作り、また同時に県境に検問が必要な制度とすることで、狙いを定めた宮城県を日本から分離することを企てている…というのが私なりの解釈です。

青葉城、松島など、日本有数の景勝地を抱え、東北経済の中心を担う宮城県の分離を目指すこの条例案を、我々良識は断じて通すわけにはいきません。小さなことでもいいから行動を起こして、列島分断を阻止しましょう。
2010-12-04 [ Sat ]
CIMG3022.jpg

西馬込の電車区にて開催された都営フェスタに参加してきました。

今回の開催日・2010年12月4日は、浅草線が押上~浅草橋間で開業してからちょうど50年目の記念日。と同時に、都営地下鉄自体にとっても「営業開始50周年」の記念すべき節目となります。
» READ MORE...

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

カウンター

プロフィール

布施 小路

Author:布施 小路
FC2ブログへようこそ!

クラシック・アナログ時計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。